メインイメージ画像

人生の節目で見直しましょう

契約したままになっている保険はありませんか?人生の節目の際には死亡保険の見直しをする必要があります。保険に加入した際はその時に一番合った保障内容のはずですが、就職や結婚、出産、子供の独立などその時に必要な保険も変ります。知人や親せきなどの付き合いでどうしても断ることが出来なくて、言いなりに保険に入ったという場合もありますが、そんな時も保険の内容にいらないものだったりすることもあります。それから、よくあるのが保険料の減額です。よく見たら保険の保障内容がダブっているという場合です。

このような際もダブっている保障の内容を削ることで掛け金を減らすことが出来ます。定年のころには保障金額も高くなくてもよくなりますから、掛け金をを減らしてもいいです。反対に、若い時に入った保険や独身時代に加入した保険では、結婚して家族が増えた際には保障金額が足りなくなります。保障金額を増やすためにも掛け金を高くする必要があります。

保険は掛け捨てか貯蓄型かで悩む人も多いでしょう。

イメージ画像

掛け捨ては病気などが無ければ保険金は返らないので損をしたように感じる事もあるかもしれませんが、一方で月額料が安価な事、好きなときに検討が可能な事が利点です。その点、貯蓄型は満期や解約したときに戻ってくるお金がある点がメリットですが、その分支払額がより割高です。支払額は重要な問題ですが、それにこだわると保険の中身がおろそかになりがちです。中身もしっかり検討して選択するようにする事が必要です。

保険とひとことに言ってもその種類は多々あります。

組み合わせを考えると非常に多くの数があります。各保険、保障についての特色を理解することが賢い保険選択のおすすめの方法です。生命保険や損保ひとつをとってみても、その中に多くのものがあります。今のご自身の生活スタイル、家族構成、どんな保障をつけるかに従い、ぴったりの保険内容が異なってくるのです。保険の種類すべてを把握する必要は無いですが、基本をおさえ損をしない保険選択をしましょう。

更新情報